小部屋さんの武器情報が更新され圧縮弾のモーション値が解析されたのでちょっと考察
・リロード
基本的に弾のリロード値がそのまま採用されている模様。自分で検証したわけではないので定かではないですが最速装填できる武器、装填スキルで最速リロードに成功すると通常リロードと変わらない62Fで圧縮装填できるようです。ゲージ位置によって最大で+5~6フレームといったところでしょうか。結構長いように感じたのですがうまくやればそこまで変わらないみたいですね。

・反動
弾の反動値に+6される模様。また装填数によって反動に違いはでません。
現状無反動で圧縮弾を扱うには反動2スキル発動状態で
武器の反動軽減値がやや小→通常1,2のみ
武器の反動軽減値が小→通常1,2,3 貫通1.2 散弾1.2 滅龍弾以外の属性弾
となっていて反動中以上の武器では無反動で撃つことはできません。反動軽減値がやや小であっても実質通常2しか扱えないので運用するには難があります。ザムザ砲の覇種武器化や反動軽減3スキルの実装がまたれるところです。

・威力
弾ごとに圧縮した時の威力が設定されていて(通常リロードの半分程度)その威力×装填数+爆発固定dmgが入る模様。また微量ながら装填数に応じて気絶値(10前後)もあるようです。

・通常2
モーション値:4.8×装填数 
威力:武器倍率×モーション値%
着弾固定dmg:20

・通常3
基本的には通常2と同じで着弾固定dmgのみ10に下がる模様。

EX)
玄鷹通常2(爪護符大3火事場大秘伝暴れSR攻撃50装填数UP) 
モーション値=4.8×10=48
威力=1075×(48/100)=516

燦然通常2
モーション値=4.8×10=48
威力=1135×(48/100)=544.8=544

燦然通常3
モーション値=4.8×13=62.4=62
威力=1135×(62/100)=703.7=703

*実際のdmgは
威力×弾強化1.1×距離補正(0.5~1.7)×防御率×肉質%×武器補正×会心+着弾固定dmg(20or10)×防御率
となり会心を考慮すると玄鷹通常2>燦然通常2
通常3でモーション値の切り捨てがありました。着弾dmgも考慮すると通常2と3の装填数による威力の違いは

(703+10)/(544+20)=1.26418...≒1.26

となります。たった3発ではありますが会心100%分以上の差がでるようです。武器倍率や相手の防御率によって着弾dmgの影響が増減するので必ずしもこの数値になるわけではありませんがおおよそこのくらいの差になります。

・貫通1
モーション値:5×装填数
威力:武器倍率×モーション値%×3HIT
着弾固定dmg:20

・貫通2
モーション値:4.5×装填数
威力:武器倍率×モーション値%×4HIT
着弾固定dmg:20

EX)
燦然貫通1(↑と同条件)
モーション値=5×7=35
威力=1135×(35/100)×3HIT=397.25×3HIT=397×3HIT=1191

燦然貫通2
モーション値=4.5×7=31.5=31
威力=1135(31/100)×4HIT=351.85×4HIT=351×4HIT=1404

弾自体の単純な威力の差は着弾ダメージ込で
1424/1211=1.17588...≒1.176

通常リロードでの貫通1、2の威力差は着弾ダメージの違いや圧縮によるモーション値切り捨てがないのでモーション値のみで計算すると
モーション値9×4HIT/モーション値10×3HIT=1.2
なので圧縮することによって弾自体の威力の差が縮まることになります。圧縮装填だとモーション値が切り捨てられてしまうのがやはりもったいないですねぇ。
*実戦では貫通2は貫通1よりも肉質や距離補正の影響を受けやすいのでこの数値以上に差が縮まります。

・通常と貫通の比較
それぞれ威力の高い通常3と貫通2で比較

1424/713=1.99719...≒2

通常リロードで貫通2はモーション値9×4HITで36、通常3は12なので3倍もモーション値に違いがあるものの圧縮することによってここまで貫通に近づきます。もちろん貫通は肉質による影響を受けやすいのでピンポイントで弱点があるような場合(足や尻尾等)なら貫通超えも十分ありえますね。

・散弾1(微量の水属性がありますがほぼダメージにならないので計算に含めていません)
モーション値:3×装填数
威力:(武器倍率×モーション値%)×3HIT
固定dmg:5

・散弾2
モーション値:3×装填数
威力:武器倍率×モーション値%×4HIT
固定dmg:5

EX)
燦然散弾1
1135×(21/100)×3HIT=238.35×3HIT=238×3=714

燦然散弾2
1135×(21/100)×4HIT=238.35×4HIT=238×4=952

着弾dmg込の威力差は
957/714=1.3403...=1.34

着弾dmgが低いためほぼHIT数の差がそのまま威力差になっています。また1HITあたり17~18の水属性を含んでいるためグラビやガロン等水にかなり弱い相手だと若干ダメージ(1~2dmg)が増えます。
また散弾は圧縮することによって弾の散らばり具合が収束してある程度狙いをつけられるようになります.
気のせいだったみたいです

・通常や貫通との比較
散弾は弾強化の倍率が違うのでそれぞれに弾強化+
燦然通常3、貫通2、散弾2での比較

通常3:703×1.1+10=783.3=783
貫通2:351×1.1×4HIT+20=386.1×4HIT+20=386×4HIT+20=1564
散弾2:238×1.3×4HIT+5=309.4×4HIT+5=309×4HIT+5=1241

通常弾との威力差は
1241/783=1.5849298≒
1.58
貫通弾との威力差は
1241/1564=0.79347826≒
0.79

貫通には及ばないもののなかなかの健闘ぶり。ある程度狙えるので弱点が表面かつでかい(翼とか)ときは散弾圧縮も選択肢に入りそうですね。
あまりに長くなったのでとりあえずこのへんで終わり~

(距離補正を考慮していなかったので訂正↓)

通常3:703×1.1×1.7+10=1324.61=1324
貫通2:351×1.1×1.7×4HIT+20=656.37×4HIT+20=656×4HIT+20=2644
散弾2:238×1.3×4HIT+5=309.4×4HIT+5=309×4HIT+5=1241

通常3との威力差は
1241/1324=0.93731118
貫通2との威力差は
1241/2644=0.4693646

弾自体の特性
通常
肉質による影響:ほぼ受けない
距離による影響:ほぼ受けない

貫通
肉質による影響:非常に受けやすい
距離による影響:受けやすい

散弾
肉質による影響:受けやすい{HIT優先順位により例外(ゲリョス頭キリン角等)あり}
距離による影響:扱うLVによるがほぼ受けない

↑の威力差はフルヒット&全ヒットクリ距離での計算なので貫通の異常な強さが目立ちますが弾の特性を考慮すると実戦では貫通の威力はだいぶ落ちることになります。また通常はどちらの影響もうけずらいですが相応のエイム力と立ち回りが必要になります。